FP1級の難易度は?なぜFP1級の難易度が高いか徹底解説!

FP1級の受験を考えているが、難易度が分からないから知りたい!
FP1級の難易度が高い理由を知ることで、試験対策をしたい!

このようにFP1級の難易度に関する疑問を持っている人も多いでしょう。

そこで本記事は、FP1級の難易度について紹介していきます。

ざっくりいうと、、
  • FP1級は他のFP資格と比べ物にならないぐらい難易度が高い
  • FP1級の合格基準点は学科試験と実技試験両方とも6割
  • FP1級は過去問やテキストに掲載されていない問題が頻出する
  • FP1級を取り扱っているテキストが少ない
  • FP1級は出題範囲が広い
  • 通信講座なら「フォーサイト」や「スタディング」が人気!
  • なかでもフォーサイトのFP試験の通信講座は口コミが高評価多数!
失敗しないFP通信講座の選び方!
フォーサイトのFP通信講座!
FP協会認定の合格率トップ通信講座

∟ FP協会認定の信頼感のある通信講座でFP2級の合格率は80%以上!
studyingのFP通信講座!
費用が相場の半分以下の通信講座!

∟ スマホ学習に特化している新世代通信講座!
ユーキャンのFP通信講座!
オリコン満足度トップの通信講座!

∟ 資格講座で業界最大手の安心感!
記事監修者紹介
研修者とらこ(FP所有)ひな@資格ブロガー@torako_fp
日本ファイナンシャルプランナーズ協会の定めるFP資格を有し、当サイトの記事を監修。 ファイナンシャルプランナーの知識で、当サイトの記事を「正確に・わかりやすい」ものにしている 2021年5月より、本メディアをはじめとするFPをはじめとした資格系サイトの監修を務める。

FP1級の難易度は?

FP1級は、FP2級と3級の比べ物にならないぐらい難易度が高いと言われています。

実は、FP1級は学科を受験するに関わらず、実技試験さえ合格できれば取得可能な国家資格なのです。

しかし、FP1級の実技試験を受験するには、FP1級の学科試験を合格するか、CFR試験と呼ばれる海外で開催されているFP試験同様の難易度を誇る試験に合格する必要があります。

FP1級の実技試験は、FP2級や3級と異なり、面接試験なため質問された内容について即座に回答することが求められますよ。

また、FP1級の学科試験は、基礎編と応用編に分かれておりFPの専門家同等の知識を求められるため、並大抵の努力では合格できません。

特に、応用編は選択肢なしの完全記述問題が出題されるため大体理解できているなどの曖昧な知識では通用しないので気をつけましょう。

基礎編でも、問題文や選択肢の文字数が異常に多いため読むだけでかなりの時間がかかってしまいます。

そのため、FP1級の試験勉強の隙間時間に読書で黙読を素早くできるようにしましょう。

FP1級の合格基準点はどれぐらい?

先ほどFP1級の難易度がかなり高いということを紹介しましたが、FP1級はどれぐらいの点数を取得すれば合格できるのか疑問に思う人も多いでしょう。

そこでFP1級の合格基準点について紹介していきます。

FP1級の学科試験の実技試験の合格基準点は6割

FP1級の合格基準点は、学科試験と実技試験共に6割です。

つまり、学科試験と金財で主催される実技試験は、200点満点なので120点が合格基準点です。

また、日本FP協会が開催している実技試験は、100点満点なので60点取得できれば合格できます。

FP1級はなぜ難易度が高いのか?

先ほどFP1級は、FP2級や3級と比べ物にならないぐらい難易度が高いと紹介しましたが、なぜFP1級の難易度は高いのでしょうか?

その疑問を解消するため、FP1級が難易度が高い理由について紹介していきます。

テキストや過去問題集に掲載していない問題が頻出される

FP1級は、テキストや過去問題集に掲載していない内容の問題が頻出されるため難易度が高いのでしょう。

FP2級までは、テキストや過去問題集に掲載されている問題しか出なかったたため、テキストや過去問題集で勉強を行ってさえいれば合格できました。

しかし、FP1級は、テキストや過去問題集に掲載していない問題が頻出されるため他の対策もしなければなりません。

FP1級の対策方法としては、常にFPの実務経験を念頭に置いて勉強することです。

FP1級の学科試験は、「FP実務経験5年以上」もしくは「FP2級合格者でかつFP実務経験1年以上」の受験資格が必要です。

要するに、FP1級を受験しようと考えている人は恐らく、FP業務に携わった経験がある方でしょう。

FP1級で頻出されるテキストや過去問題集に掲載していない問題の中には、FP業務に携わったことがある人であれば分かるような問題も多数出題されています。

そのため、FP1級の試験を受験する際には、FP業務をしているときのことを念頭に置きながら問題を解答していきましょう。

試験対策できるテキストが少ない

FP1級の難易度が高い理由として、試験対策できるテキストが少ないことも挙げられます。

FP1級の試験対策できるテキストが少ない理由としては、試験範囲がとても細かくマニアックな問題まで出題されることもあり、FP1級の試験内容を予測しにくいからです。

また、FP1級は受験資格を設けていたり、不動産や金融業界のスペシャリストになるための資格ということもあり、受験者数がFP2,3級に比べてかなり少ないです。

そのため、FP1級の試験対策ができるテキストが少ないと言えるでしょう。

出題範囲が広い

FP1級は、試験範囲が広く作られています。

元々、FP試験そのものが出題範囲が広い試験です。

例えば、書店でFP関連の書籍を手に取った方は分かると思いますが、FP業務に関するテキストの多くが分厚く作られています。

テキストによっては、2冊に分けないと収まりきらないほどのものもあるでしょう。

このようにFP1級は出題範囲が広いため、難易度が高いと言えます。

FP1級を最短で取得できるおすすめ方法

先ほどまでFP1級は、他のFP試験と比較してかなり難易度が高い試験だということを紹介していきました。

ただ、それほど難しい試験ならばなるべく最短で資格を取得したい人が多いでしょう。

そこで、FP1級を最短で取得できるおすすめの方法を2つ紹介していきます。

1位 Foresight

Foresightは、累計受講者数30万人超えでいつどこでも講座を受講できる資格取得の通信教育予備校です。

Foresightの講座の特徴として、以下の3つが挙げられます。

  • バーチャル講師から勉強を教えてもらえる!
  • 図解も充実しており理解しやすい専用テキストで勉強できる!
  • eラーニングでいつでもどこでも勉強できちゃう!

これからは、それぞれの特徴について詳しく紹介していきます。

以下の特徴を見た上でForesightについて興味を持った方は、以下のリンクで受講料金などを確認してみてください。

FP・ファイナンシャルプランナーの通信教育・通信講座ならフォーサイト (foresight.jp)

バーチャル講師から勉強を教えてもらえる!

実は、Foresightは、資格通信業界で初めてバーチャル講師による講座を開講した予備校でもあります。

FP試験を受験しようと考えている方の中には、通常の講師の方が講義をするよりも二次元のキャラクターに教えてもらった方がやる気が出る方もいることでしょう。

そんなときに、おすすめなのがForesightです。

Foresightで開催されるバーチャル講師の講義は、プロ講師が監修しており西友もプロを起用しているからこそ楽しくFP試験の内容を学べます。

もちろん、通常の講師の方とバーチャル講師、どちらも自由に選択できます。

このようにForesightは、バーチャル講師から勉強を教えてもらえるのでおすすめです。

図解も充実しており理解しやすい専用テキストで勉強できる!

Foresightで使用する専用テキストは、図解も充実しており試験に必要な情報しか記載していないので理解しやすく勉強ができます。

Foresightの専用テキストが分かりやすい理由として、以下の3つが挙げられます。

  • フルカラーテキスト
  • 図表・フローチャート
  • 豊富なイラスト

Foresightのテキストは、フルカラーテキストなため重要項目が一瞬で分かります。

また、FP試験には似たような単語がたくさん頻出されるため、長い文章をただ読んでいても頭に入りにくいでしょう。

しかし、Foresightではテキストや図表をフル活用しているため、覚えやすく作られています。

Foresightのテキストでは、テキストの内容に沿ったオリジナルイラストが様々なところに掲載されているため、FP知識を日常生活で使っているイメージがしやすくなっています。

eラーニングでいつでもどこでも勉強できちゃう!

Foresightは、申し込んだすべての講義データのダウンロードもできるため、外出先でも通信環境を気にせず学習できます。

Foresightは、外出先でも勉強できるだけでなく最大15分以内に単元を区切っているので多忙な方でも隙間時間に勉強することが可能です。

Foresightは、1.5倍速でも再生することができるため、多忙な方に特におすすめの通信教育講座です。

2位:studying

studyingは、短期間で合格した方々の勉強方法を徹底研究して講座を作り上げている通信予備校です。

studyingの講座の特徴として、以下の2つが挙げられます。

  • 通勤時間でもスマートフォンで音声講座を聴いてインプット学習ができる!
  • 問題横断復習機能で間違えた問題を復習できる!

これからは、それぞれの特徴について詳しく紹介していきます。

以下の特徴を見たうえで、studyingに興味を持った方は、受講料金などを確認してみることをおすすめします。

FP(ファイナンシャル・プランナー)講座 – 【スタディング】スマホで学べる資格講座 (studying.jp)

通勤時間でもスマートフォンで音声講座を聴いてインプット学習ができる!

studyingは、机で座って勉強をしなくても可能な新しい勉強スタイルの予備校です。

そのため、通勤時間中にイヤホンして音声を聞くことで勉強もできます。

社会人の方は、仕事もしつつFPの資格勉強に取り組まなければいけないので、まとまった時間が取れない人も多いでしょう。

しかし、studyingであれば、いつでもどこでも勉強できるためまとまった時間を作らずにでも隙間時間に勉強できるのでおすすめです。

問題横断復習機能で間違えた問題を復習できる!

問題横断復習機能とは、複数の問題をまとめて復習できる機能です。

studyingに問題横断復習機能があることによって、前回間違えた問題を効率的に勉強できます。

以前、間違えた問題を横断的に復讐することで問題の本質が理解できるようになり、二度と間違えないようになるでしょう。

まとめ:FP1級難易度

今回は、FP1級の難易度について紹介していきました。

FP1級は、他のFP試験と比較してFP業務経験者しか受験していないことから難易度がかなり高いと言えるでしょう。

しかし、FP1級を取得することでFP業務のスペシャリストとして働くことも可能です。

早めにFP1級を取得できるように、上記のForesightやstudyingで資格取得の勉強を行いましょう。

ざっくりいうと、、
  • FP1級は他のFP資格と比べ物にならないぐらい難易度が高い
  • FP1級の合格基準点は学科試験と実技試験両方とも6割
  • FP1級は過去問やテキストに掲載されていない問題が頻出する
  • FP1級を取り扱っているテキストが少ない
  • FP1級は出題範囲が広い
  • 通信講座なら「フォーサイト」や「スタディング」が人気!
  • なかでもフォーサイトのFP試験の通信講座は口コミが高評価多数!