FP1級とは?FP1級を合格するために必要な勉強時間を紹介!

そもそもFP1級って、どのような資格なんだろう…?
FP1級の受験を考えているけど、どれぐらい勉強時間が必要か知りたい!

FP1級の受験を考えている人の中にも、上記のような悩みを持っている人がいるのではないでしょうか?

そこで本記事では、FP1級を合格するために必要な勉強時間を紹介していきます。

ざっくりいうと、、
  • FP1級は2級や3級と比べ物にならないぐらい難しい
  • FP1級学科試験には、基礎編と応用編がある
  • FP1級を合格するのに600時間勉強する必要がある
  • 独学で勉強したい人は通信講座がおすすめ!
  • 通信講座なら「フォーサイト」や「スタディング」が人気!
  • なかでもフォーサイトのFP試験の通信講座は口コミが高評価多数!
記事監修者紹介
研修者とらこ(FP所有)ひな@資格ブロガー@torako_fp
日本ファイナンシャルプランナーズ協会の定めるFP資格を有し、当サイトの記事を監修。 ファイナンシャルプランナーの知識で、当サイトの記事を「正確に・わかりやすい」ものにしている 2021年5月より、本メディアをはじめとするFPをはじめとした資格系サイトの監修を務める。

FP1級とは?

FP技能試験の中で最も難しいと知られているFP1級。

企業によっては、FP1級の取得が昇進条件になっているところもあるでしょう。

ただ、やはりFP技能試験の最上級資格ということもあって、並大抵の努力では合格できません。

そこでFP1級は、そもそもどのような試験なのか紹介していきます。

FP1級の試験内容

FP1級は、2級、3級と異なっており学科を受験するしないに関わらず、実技試験に合格すれば取得できます。

ただ、会社でFP関連の知識が必要な業務に携わる必要がある場合は、学科試験も受験したほうが良いでしょう。

また、これまでのFP試験とは異なり、学科試験と実技試験の構成がより複雑になっています。

そこで、FP1級の学科試験と実技試験の試験内容について詳しく紹介していきます。

FP1級の学科試験

実は、FP1級の学科試験は、基礎編と応用編に合格しなければいけません。

基礎編の試験科目は、FP2級と同じの以下の5科目です。

  • ライフプランニングと資金計画
  • 金融資産運用
  • リスク管理
  • タックスプランニング
  • 不動産相続・事業承継

FP2級と試験科目が全く同じですが、FP1級はより専門的な内容を学ぶことになります。

そのため、以上の5科目の専門家と同様な知識を身に着けなければ、FP1級の学科試験の合格はできません。

また、FP1級学科試験基礎編の出題特徴として、マニアックな内容の問題が多いです。

仮に専門家であっても中々知らないであろう問題が頻繁に出題されるため、頑張ってください。

応用編では、リスク管理を除く5分野の筆記試験が行われます。

応用編という言葉を見て分かるように、基礎編よりかなり難しい問題が出題されるため、しっかり応用編対策を行うことが大切です。

ちなみに、応用編は完全筆記試験です。

FP2級までは、選択肢がいくつか合ったため問題が分からなくても勘で解くことができました。

しかし、FP1級学科試験の応用編では選択肢がないため、正しい知識をしっかり持っていないと政界にたどり着けないので気をつけましょう。

FP1級の配点としては、基礎編が100点、応用編が100点の200点満点です。

FP1級の学科試験の合格基準点が6割なので、120点を撮れれば合格できます。

FP1級の実技試験

FP1級の実技試験は、面接で合否が決まります。

面接形式で模範解答が公開されていないことや即座に回答をしなければいけないことなど、FP2級の実技試験よりかなり難易度は上がっています。

面接形式で対策方法も難しいことから、FP1級の独学受験はあまりおすすめしません。

FP1級の受験資格

FP1級には、学科試験と実技試験の両方に受験資格が科されています。

FP1級学科試験は、以下のどちらかの条件を満たさなければ受験できません。

  • FP2級を取得して、FP業務に関して1年以上の実務経験を有している者
  • FP業務に関して5年以上の実務経験を有している者

上記の条件を見て分かるように、FP2級に取得するだけでなくFP業務に携わった経験がなければ受験できません。

要するに、FP1級の学科試験はFP業務に携わった経験がなければ勉強しても理解できないほどの難しさを有していることが分かります。

一方で、FP1級の実技試験は、以下の条件のいずれかを満たさなければ受験できません。

  • FP1級の学科試験を合格していること
  • CFP認定者であること
  • CFP認定者ではなくても、CFPの審査試験6科目に全て合格していること

CFPとは、「サーティーファイドファイナンシャルプランナー」の略称で海外版のFP試験です。

FP試験は日本でしか通用しませんが、CFPは海外でも通用する資格です。

そのため、かなりFPに関して豊富な知識がなければFP1級の取得はできないでしょう。

FP1級とFP2級の違い

FP1級と2級の違いの例として、以下の3つが挙げられます。

  • テキストや問題集に出題されていない問題の比率が多い
  • 相続・事業分野の難易度が高すぎる
  • 問題文や選択肢の文字量が多すぎて時間が足りない

FP2級や3級は、テキストや問題集で勉強すれば合格できましたが、FP1級はそう簡単に合格できません。

実務経験で得た知識も頻繁に出題されるため、FP業務にしばらく携わっていない方は正直難しいでしょう。

FP2級や3級では、相続・事業分野の問題は数問しか出題されませんでしたが、1級ではかなり多くの問題が出題されます。

FP1級実技試験の面接においては、ほとんど相続・事業分野の問題と言っても過言ではないぐらい頻出されるためしっかり勉強しておきましょう。

テストに出てくる問題文や選択肢の文字数があまりにも多いと読んでいるだけでかなり時間がかかってしまいます。

そのため、FP1級の勉強の合間に読書で黙読を早くする練習をすることをおすすめします。

FP1級の学科と実技の傾向

FP2級は、日常で使うお金の知識などの問題が大半を占めていました。

しかし、FP1級は普段必要な知識ではないものの特定の問題が発生してしまった場合に必要とされる内容やより高度な案件にも対応できる知識が必要になります。

そのため、FP業務をしているときのことを思い出しながら、試験に挑む必要があります。

FP1級の勉強時間はどれぐらい必要?

FP1級の勉強時間は、学科試験と実技試験合わせて600時間ほどだと言われています。

では、学科試験と実技試験それぞれどれぐらい勉強する必要があるのか紹介していきます。

FP1級の学科に必要な勉強時間は?

FP1級の学科試験に必要な勉強時間は、200~400時間ほどが目安です。

皆さんが、1日どれほど勉強するかによって必要な期間は異なりますが、毎日平日に2時間、休日に6時間勉強すると仮定すると4か月ほど勉強時間が必要だと言われています。

当然、人によって覚えの速さや勉強の仕方など異なるため一概には言えませんが、一般的にはFP1級学科試験に合格するためには200~400時間ほど必要です。

FP1級の実技に必要な勉強時間は?

FP1級の実技試験に必要な勉強時間は、100~300時間ほどが目安です。

皆さんが1日にどれほど勉強するかによりますが、毎日平日2時間、休日6時間を勉強に費やせば、約1~3か月間ほど必要だと言えるでしょう。

先ほど紹介したようにFP1級の実技試験を受験するためには、FP1級の学科試験かCFR試験に合格しなければいけません。

そのため、まずはFP1級の学科試験かCFR試験に合格を目指してください。

FP1級かCFR試験に合格した後にゆっくり勉強を始めればいいでしょう。

FP1級を最短で取得できるおすすめ方法

先ほど紹介したようにFP1級は難易度が高いため、あまり独学をおすすめできません。

しかし、それでも独学でFP1級を取得したいと考えている人におすすめの2つの勉強ツールを紹介していきます。

1位 Foresight

Foresightは、累計受講者が30万人越えの若者を中心に人気を集めているネット予備校です。

やはり、FP1級は社会人向けの資格ということもあり、FP1級を取得しようと考えている方は忙しい人が多いでしょう。

しかし、Foresightの次世代勉強ツール「ManaBun(マナブン)」を使えば、忙しい皆さんでもいつでもどこでも高クオリティの講座が受講できるのです。

「ManaBun(マナブン)」は、一つの単元を15分以内に区切っているためどれだけ忙しい人でも一日のスキマ時間で勉強ができます。

授業でインプットするだけでなく、合格の鍵となる問題演習も充実しています。

もし、Foresightでの資格勉強を考えている方がいれば、下記のリンクにて受講料金などが見れるので見てみてください!

ファイナンシャルプランナー FP 通信教育・通信講座 フォーサイト (foresight.jp)

 2位:studying

studyingは、短期間でFP1級に合格した方の勉強方法を徹底的に研究して開発した勉強ツールです。

FP1級の受験を考えている方の中には、「忙しくて予備校に通う時間がない…」と考えている人も多いのではないでしょうか?

しかし、studyingであれば、そのような人の悩みを解決して、いつでもどこでも勉強できて安価に学べます。

もし、studyingでの資格勉強を考えている人がいれば、下記のリンクに受講料金などが詳しく記載されているので見てみてください!

価格・キャンペーン – スマホで学べるスタディングFP講座 (studying.jp)

まとめ:FP1級勉強時間

今回は、FP1級の勉強時間について紹介しました。

FP1級受験するなら、FP業務に携わる必要があります。

もしかしたら、FP業務の経験はないがどうしてもFP1級取得したいと考えている方もいるかもしれません。

そのため、FP業務経験がなくてFP1級を受験したい方は、まずFP関連の職種に就職か転職することをおすすめします。

FP1級勉強時間まとめ
  • FP1級は2級や3級と比べ物にならないぐらい難しい
  • FP1級学科試験には、基礎編と応用編がある
  • FP1級を合格するのに600時間勉強する必要がある
  • 独学で勉強したい人は通信講座がおすすめ!
  • 通信講座なら「フォーサイト」や「スタディング」が人気!
  • なかでもフォーサイトのFP試験の通信講座は口コミが高評価多数!