FP2級とは?FP2級を独学で合格する方法まとめ!

FP2級を独学で勉強しようと考えているが。「どのように勉強すれば独学でも合格できるのか分からない」という方もいるのではないでしょうか?

本記事では、FP2級を独学で合格する方法を解説していきます。

ざっくりいうと、、、
  • FP2級とは国家資格であり、お金の知識が問われる資格
  • FP2級はFP3級と似たような問題が多い
  • FP2級を独学で合格することはできるけど相応の努力と勉強法が必要

FP2級とは?

FP2級とは、国家資格の一つでありお金の知識が問われる資格です。FP2級を取得すると、金融機関や保険会社などで就職するときに有利になる上に節約や節税など日常生活に役立つ知識も身に付きます。

FP2級を学ぶとお金に関する詳しい知識が身について、結果的にお金の無駄遣いを減らせることができるのです。それでは、FP2級がどのような資格なのかより詳しく紹介していきますね。

FP2級の試験内容

FP2級の試験では、以下の6分野が出題されます。

  • ライフプランニングと資金計画
  • 金融資産運用
  • タックスプランニング
  • リスク管理
  • 不動産
  • 相続・事業継承

FPに関する知識がない人にとっては、あまり聞き馴染みないものが多いでしょう。「ライフプランニングと資金計画」では、金銭面においての人生設計、「金融資産運用」は節約知識、「タックスプランニング」は税金について、「リスク管理」は保険知識、「不動産」はその名の通り不動産知識、「相続・事業継承」は遺産相続の知識が問われます。

どれも日常生活を送る上で必要な知識ですよね。次に、FP2級の受験資格について紹介します。

FP2級の受験資格

FP2級は、以下の4つの中で1つでも該当するものがあれば受験資格が得られます。

  • FP3級合格者
  • FP業務で2年以上の実務経験がある者
  • FP協会が認定するAFP認定研修を修了した者
  • 厚生労働省認定金融渉外技能審査3級の合格者

FP2級の受験資格を得る方法として一番メジャーなものが、3級に合格することです。FP3級で得た知識はそのままFP2級にも生かすことができるのでオススメですよ。

FP業務で2年以上の実務経験がある人は、FP3級を受験せずに2級の受験資格が得られます。ただ、FP2級を受験する練習としてFP3級を受験しておいた方が安心感があるのでオススメですよ。

AFP認定研修は、FPの6分野の講座と提案書の作成が必要です。研修の受講時間としては4~5時間で終わりますが、提案書の作成にかなり苦戦する人が多いようですね。この研修を受けるのも数千円~数万円ほどかかるようなので費用をあまりかけたくない人にはオススメできません。

4つ目の厚生労働省認定金融渉外技能審査3級は、2001年に廃止して該当者がほぼいない資格です。もし、資格取得者がいれば受験申請書に合格した等級・コース名と受験した年月を記入しましょう。

FP3級と2級の違い

FP3級と2級は、試験範囲もほぼ同じで学科問題が全て択一式など共通点が多いです。ただ、FP3級に比べて長文問題やひっかけ問題がおおいため油断しないようにしましょう。

実技の場合は、択一式の問題が多いものの記述式の計算問題が含まれています。FP3級では、実技も全て択一式だったため勘で問題を正確することもあるかもしれませんが、2級ではしっかり理解していないと答えられない問題が多いのでしっかり勉強しましょう。

FP2級の学科と実技の傾向

FP2級は、学科も実技も合格して初めて取得することができる資格です。そのため、どちらも対策をしなければ資格を取ることができません。しかし、試験の傾向が分からなければ対策はできませんよね?そこで、今回はFP2級の学科と実技の傾向を紹介します。

学科の傾向は?

FP2級の学科試験の特徴を以下にまとめてみました。

  • 問題数は60問
  • 回答方法はマークシートで四択問題
  • 合格基準点は36問
  • 試験時間は120分

問題数が60問で試験時間が120分となると、1問を2分で解かなければなりません。それに加えて、学科試験は範囲も広く時事問題も頻繁に出題されるためそれぞれの分野をまんべんなく勉強する必要があります。

ただ、FP2級は同じ内容の問題が良く出題される資格試験です。そのため、一度勉強したところは確実に解けるようにしておくのが学科試験合格への近道ですよ。

実技の傾向は?

次に、FP2級の実技試験の特徴を以下にまとめました。

  • 問題数は大問5つ
  • 分野は税金・不動産・相続・社会保障・金融商品
  • 試験時間は90分

実技試験は、試験時間が90分で問題数が5つなので1問当たり18分費やせる計算になりますよね。一見、1問に18分も費やすことができると余裕を感じてしまうかもしれません。

しかし、FP2級は問題を見てすぐに正しい答えを導き出せるかが合格の鍵となります。そのため、見直し時間も考えると時間的な余裕は全くないですよ。

ただ、FP2級実技試験の特徴として過去問と似た問題が頻繁に出題されることが挙げられます。なので、過去問演習を繰り返し行っていけば安心して試験に臨めますよ。

実技試験は問題がつながっているので、序盤で問題を間違えてしまうと最後まで不正解になってしまうので最初の問題は必ず回答できるようにしましょう。

FP2級の実技試験は、計算問題がとても多いので計算問題になれておくといいですね。

FP2級を独学で合格できる?

結論から申し上げますと、勉強法によってはFP2級を独学で合格することができます。確かに、FP2級の合格率は、約20%~30%しかありません。ということもあり、FP2級を独学で合格するのはかなり難易度が高いと感じる人もいるでしょう。

ですが、金融関係の職業に就いている人は、自分の意志に反して勤務先に強制的にFP2級を受験する人が毎年多くいます。自分が受けたくないのにも関わらず、職場で強制的に受験させられると勉強に対するやる気が出ない場合もありますよね。このこともあって、勉強している人達の中での合格率だったらもっと高くなるでしょう。

例えば、FP2級を予備校で学ぶとすると時間やお金などが莫大にかかってしまいます。予備校で勉強していると、自分が勉強したい時に学べないこともあるかもしれません。予備校も24時間営業しているわけではありませんからね。

ですが、独学の場合、自分が勉強したいときに勉強することができて試験にかかる出費を最小限に抑えることができますよ。ただ、FP2級を独学で勉強するからには1日1,2時間でもいいので毎日勉強をするようにしましょう。毎日、FP2級の試験内容を頭に叩き込まなければ、勉強内容を忘れてしまうかもしれないですよ。それほど、FP2級は問題の範囲が広いので覚悟しておきましょう。

このようにFP2級は、年間12万人が受験する人気の国家資格であり範囲も広いことから簡単に合格することができません。当然ですが、FP2級は、3級と比べると応用的な問題も多々出題します。そのため、正しい勉強方法でそれなりの時間を費やしてFP2級の試験勉強をしましょう。

FP2級を独学で合格する方法!

先ほど紹介したように、FP2級を独学で合格するには正しい勉強方法でする必要があります。そこで、どのように勉強したらFP2級を独学で合格することができるか解説していきますね。

参考書や問題集は薄いものがオススメ

参考書や問題集を選ぶ際には、本の厚さが薄いものをオススメします。なぜなら、参考書や問題集が分厚すぎると先が見えずに途中で挫折してしまう可能性があるからです。

薄い本の場合、必要最低限の情報しか書かれていないので分かりやすく感じる方が多いでしょう。それに、本が分厚いより薄い方が早く問題を解き終えることができるので達成感を感じることができます。

その達成感がFP2級合格へのモチベーションにも繋がると思うので、ぜひ参考書や問題集は薄いものを購入しましょう。

参考書を一通り読み込む

まず、FP2級の参考書を一通り読み込みましょう。というのも、FP2級合格するためにはテキストを読んで知識を身に着けるばかりではなく、問題集を解いて知識が定着しているか確認することが大切です。

参考書を読み込むことで大切なことは、まず参考書を全て読み込むことを心掛けてください。参考書で勉強をする際に、一分野ずつ勉強を行っているかもしれません。しかし、FP2級の試験を独学で合格するのに必要なのはアウトプット式の勉強法です。

そのため、FP2級の参考書はあくまで補助教材として使用してください。基本的には、問題集を繰り返し解くことでFP2級の試験対策を行うようにしましょう。

最初から全て覚える必要は全くないので概要を把握するぐらいの気持ちで参考書を一通り見てください。

過去問を解き始める

参考書を一通り読み終えたら、学科のと実技の過去問を解き始めましょう。FP2級を独学で勉強するなら、最低でも2~3か月は期間が欲しいです。

というのも、過去問の出来次第でどれぐらいの時間を勉強に費やせば良いのか目安が分かるからです。たとえば、試験まで1ヶ月も期間がない状態で初めて過去問を解いて全然問題ができなかったとしましょう。

いくら資格取得が比較的容易だと言われているFP2級でも、全く問題が解けない状態から1ヶ月独学したとしても合格する確率はかなり低いでしょう。そのため、早めにFP2級の勉強をするように心がけてください。

過去問の解説を読んで解けるようにする

1つの過去問を解き終えたら、必ず解説を読んで答えについて理解してから次の過去問へと進みましょう。なぜなら、先ほど紹介したようにFP2級は過去問と同じ内容の問題が頻繁に出題されるからです。

過去問は、どの問題が理解できているのか確認するためにあります。そのため、なぜその問題がその解答になるのかを開設を読んで解けるようにしなければ意味がありません。

このように過去問の解説を読んで解けるようにすることは、一番大切です。絶対に毎日1回以上は過去問を解いて解説を読んで理解するまでを行うようにしましょう。

FP2級の試験は、豊富な知識が問われるので1日でも勉強を欠かさずに行ってください。

まとめ:FP2級独学

本記事では、FP2級を独学で合格する方法を紹介してきました。FP2級を独学で合格することは可能ですが、合格するためには相応の努力と勉強法が必要です。

勉強ポイント
FP2級の勉強を始めるためには、参考書が必要なります。そのためまずは、参考書の購入から考えてみてはいかがでしょうか?

みんなが欲しかった! FPの教科書 2級・AFP 2020-2021年 (みんなが欲しかった! シリーズ) | 滝澤 ななみ |本 | 通販 | Amazon