FP3級にかかる勉強時間の目安や平均は?最短で学ぶ方法も解説

FP3級ってどれくらいの勉強時間で合格できるの?
最短でFP3級を合格するにはどうすればいいの?

FP3級をこれから勉強しようと考えているが、「どのくらい勉強時間を確保する必要があるのか分からない」という方もいるのではないでしょうか?

本記事では、FP3級を合格するために必要な勉強時間や、FP3級を最短で解くための勉強方法などを解説していきます。

ざっくりいうと、、
  • FP3級の合格は平均的に30時間から120時間の勉強時間が必要
  • FP3級は国家資格の中では比較的難易度が低く、独学での合格も可能!
  • 独学で勉強したい人は通信講座がおすすめ!
  • 通信講座なら「フォーサイト」や「スタディング」が人気!
  • なかでもフォーサイトのFP試験の通信講座は口コミが高評価多数!

資格取得
>>フォーサイト公式サイトはこちら<<

失敗しないFP通信講座の選び方!
フォーサイトのFP通信講座!
FP協会認定の合格率トップ通信講座

∟ FP協会認定の信頼感のある通信講座でFP2級の合格率は80%以上!
studyingのFP通信講座!
費用が相場の半分以下の通信講座!

∟ スマホ学習に特化している新世代通信講座!
ユーキャンのFP通信講座!
オリコン満足度トップの通信講座!

∟ 資格講座で業界最大手の安心感!
記事監修者紹介
研修者とらこ(FP所有)ひな@資格ブロガー@torako_fp
日本ファイナンシャルプランナーズ協会の定めるFP資格を有し、当サイトの記事を監修。 ファイナンシャルプランナーの知識で、当サイトの記事を「正確に・わかりやすい」ものにしている 2021年5月より、本メディアをはじめとするFPをはじめとした資格系サイトの監修を務める。

>>FP2級合格に必要な勉強時間はこちら<<

FP3級にかかる勉強時間の目安や平均は?

FP3級_勉強時間_目安

結論、FP3級にかかる勉強時間の目安は110時間ほどで、試験の合格率は約78%です。
そのため、他の資格と比べると難易度が低い資格だと言えるでしょう。

FP3級を合格するために必要な勉強時間は約110時間

FP3級を合格するために必要な勉強時間は80~150時間ほどだとされています。
FP3級の試験科目には、学科試験と実技試験があり、それら2つを合格基準点まで学ぶ必要があります。

具体的な学び方として、まずFP3級用のテキスト1通り読み、次に問題集を解いていきます。

テキストを読み返したり、暗記して、そのテキストの問題集がある程度解けるようになると、次は過去問を解いていく作業を行います。

後は、過去問とテキストに付録されている、問題集の点数が合格基準になるまで繰り返し勉強をしていきます。

上記のような勉強方法をすれば、個人差はありますが80~150時間ほどでFP3級を合格できるまでの知識がつくでしょう。

とはいえ、資格試験にあまり時間を避けず最短で取りたいという方もいるでしょう。

最短でFP3級を取得する方法は後ほど詳しく解説していきます。

FP3級の内容とは?

それでは、これから資格取得を目指すFP3級の内容を簡単に解説していきます。
下記で紹介する、内容を予め学校や書籍、仕事で取り扱っている場合は合格までに必要な勉強時間が短くなる可能性があります。

FP3級の内容は以下の通りです。

  • 金融資産運用
  • ライフプランニングと資金計画
  • リスク管理
  • タックスプランニング
  • 不動産相続・事業承継

上記で紹介した内容は、FP3級の学科試験内容になります。

FP3級を受ける試験団体を選ぶ必要がある

ちなみに、FP3級には学科試験と実技試験があり、実技試験の内容は選ぶ試験団体によって変わります。

そのため、FP3級の勉強を始める前に試験団体を選ぶようにしましょう。

FP3級が受けられる試験団体は以下の2つです。

  1. 日本FP協会
  2. 金融財政事情研究会

上記の2つのどちらかを選んで、資格試験をする必要があります。

日本FP協会と金融財政事情研究会の特徴

試験内容が違うと最初に伝えましたが、実はそんなに違いはありません。
とはいえ、試験形式が違うので自分が合格しやすいものや、簡単だと思う試験団体を選びましょう。

それぞれの試験形式の違いは以下の通りです。

問題数 合格ライン 満点数
日本FP協会日本FP協会 5 30 50
金融財政事情研究会 20 60 100

日本FP協会は、問題数が少ないため一問一問の得点が高く、凡ミスをすると落ちてしまう可能性が高まります。
しかし、問題数が少ないため一問一問を丁寧に解いていくことができるでしょう。
逆に、金融財政事情研究会は問題数が20問と多くなっており、一問に対する配点が低くなっています。
そのため、ある程度問題を解き間違えても大丈夫なようになっています。
しかし、一問にかけられる時間が日本FP協会の試験よりも短くなるため、じっくりと考えて解きたい方には、あまりおすすめできません。

FP3級の合格率は約78%

FP3級の合格率は非常に高く、試験を受けた約8割の方が合格をしています。
そのため、他の資格と比べると比較的に簡単な資格だといえます。

とはいえ、しっかりとテキストを読んで、過去問を解くなどしないと落ちてしまう可能性が高くなります。

合格率の高さはそこまで気にせず、8割の人が合格できるからギリギリまで勉強しなかったとうことがないようにしましょう。

また、FP3級の試験を受ける人には、保険会社の新人の方なども受けており、それらの知識をある程度知っている人がいるため、資格の合格率が高い傾向にあるのだと思います。

勉強ポイント
そのため、FP3級に関わる知識や、実務経験がない人はしっかりと学んだ後に、資格試験を受けるようにしましょう。
最短合格を目指すなら「通信講座」がおすすめ!
  • FP試験の最短合格を目指すなら「通信講座」がおすすめ!
  • 通信講座なら全国平均の2倍という圧倒的な合格率を出しているフォーサイトがおすすめ!
  • フォーサイトの通信講座はフルカラーでわかりやすいテキストとスマホアプリなどを用いた学習方法で、全年齢の人からわかりやすいと評判!
  • さらにフォーサイトは日本FP協会の認定教育機関のため、トップクラスの信頼性!
  • 本来FP2級を受験するためにはFP3級の資格取得が必要だけど、フォーサイトのFP講座を受講すれば、いきなり2級の受験が可能!

資格取得 >>公式サイトはこちら<<

今すぐ申し込む!

【約40時間】FP3級を最短で合格する勉強方法

FP3級_勉強時間_最短

仕事などのためにFP3級の資格を取らなくてはいけないが、勉強する時間をあまり確保できないが、どうしてもFP3級を取りたいという方もいるのではないでしょうか。

そこで、FP3級を最短で取れる可能性が高い勉強方法を紹介していきます。

しかし、ここで紹介する方法はFP3級の資格を取るための勉強方法で、FP3級の内容をしっかりと理解できるものではありません。

そのため、FP3級を取った後にも、実務レベルで使う場合は学び直しをする必要があるかも知れません。

範囲を絞る

FP3級を最短で取る場合は、勉強の範囲を絞り無駄なことを極力しないようにする必要があります。

FP3級の予想問題を解くよりも、過去問を解くほうが圧倒的に合格率を高めることができます。

また、テキストを読む際、初回は分からない用語などが出てきても、飛ばして最後まで読むようにしましょう。

まず、初めはテキストの全体をなんとなく読み、FP3級の全体像を掴みます。

全体像を理解した後に、2回、3回と読み返すようにしましょう。

次に、FP3級のテキストを1〜2回ほど読んだら「過去問」を解くようにしましょう。

勉強ポイント
過去問を解く際は、Apple StoreなどでFP3級の過去問集のアプリを活用して勉強するのがおすすめです。 

とにかく、過去問を解く回数を増やしていきましょう。

はじめは、過去問を解くことに何十分かかかりますが、慣れてくれば10分程度で周回することができます。

学科試験の過去問を勉強時間の7〜8割当てるようにして、残りは実技試験の過去門を解くようにしましょう。

基本的には、学科試験の過去問が解けるようになっていれば、実技試験の問題内容もある程度理解することができます。

そのため、最短でFP3級を取り場合は実技試験の勉強時間を短くすることをおすすめします。

上記の内容をまとめると以下の通りです。

  1. テキストを1回読む(この際わからない用語があっても流し、完読することに集中する)
  2. 学科試験の過去問をアプリを使って解く(わからない点はテキストなどを読み返す)
  3. 学科試験の過去問を何度も解いていく
  4. 実技試験のか過去問を解いていく

FP3級を最短で取得する勉強方法は上記のとおりです。

いちばん重要なことは、とにかく学科試験の過去問を解くことです。
そのため、学科試験の過去問の勉強時間を15時間以上とるようにしましょう。

最短合格を目指すなら「通信講座」がおすすめ!
  • FP試験の最短合格を目指すなら「通信講座」がおすすめ!
  • 通信講座なら全国平均の2倍という圧倒的な合格率を出しているフォーサイトがおすすめ!
  • フォーサイトの通信講座はフルカラーでわかりやすいテキストとスマホアプリなどを用いた学習方法で、全年齢の人からわかりやすいと評判!
  • さらにフォーサイトは日本FP協会の認定教育機関のため、トップクラスの信頼性!
  • 本来FP2級を受験するためにはFP3級の資格取得が必要だけど、フォーサイトのFP講座を受講すれば、いきなり2級の受験が可能!

資格取得 >>公式サイトはこちら<<

今すぐ申し込む!

理解しやすい本で学ぶ

FP3級に関連するテキストは、数多くあります。

テキストを選ぶ基準は、その本が理解しやすいかが重要です。

当たり前ですが、文字ばかりの本だと読む気にもなりませんし、初めて勉強する場合は理解に苦しみます。

そのため、イラストや図解などが多く初心者の方でも理解しやすいテキストを選ぶことが、FP3級を勉強する上で重要になります。

それでは、FP3級を勉強する際におすすめの本を紹介します。

みんなが欲しかった! FPの教科書 3級 2020-2021年】がおすすめです。

おすすめ理由は以下の通りです。

  • シンプルで分かりやすい
  • オールカラーで見やすい
  • 表やイラストが多用されている

上記の参考書は、Amazonでも販売されており☆5中4.2の高評価で、レビュー欄では、「見やすい」といったコメントが目立ちます。

とはいえ、初心者向けなの参考書なので踏み入った内容はあまり書かれてないようです。しかし、これ1冊あればFP3級ならパスすることができるでしょう。

FP3級の合格後に、より具体的な内容のものを購入して更に深く勉強することもできます。

しかし、FP3級を初めて受ける人や、試験の合格だけを目標にしている人は、理解しやすい参考書で学ぶことがおすすめです。

なぜなら、FP3級の内容をさらに深堀りした本は難しく、初めてPF3級を受ける人には理解が難しく、内容を理解するためにより時間がかかるからです。

そのため、初めて勉強する方は上記で紹介した参考書を使って学ぶのがおすすめだと言えます。

みんなが欲しかった! FPの教科書 3級 2020-2021年

FP3級おすすめの勉強方法

最短の勉強方法を紹介しましたが、上記の勉強方法で合格するためには集中して勉強することが必須です。

勉強ポイント
集中して勉強するためには、自分の気をそらす物を近くに置かないことが重要です。

具体的には、勉強をすると決めた時間には、スマホを収納ボックスに入れるなど。

また、図書館やカフェといった勉強以外できない環境での勉強もおすすめです。

その他の方法として、スキマ時間などにもFP3級のアプリを使って過去の問題を解いていくことがおすすめです。

参考書などを短時間で読んだりしても、なかなか身につきません。

しかし、アプリを使って短い時間に過去問を1〜3問でも解いていけば、FP3級の合格率はぐっんと上がります。

そのため、FP3級を受けることを決めた場合は、スキマ時間をしっかりと活用して試験に望むことが、試験の合格率を上げる上で必須と言えるでしょう。

過去問を解くためには、まずは参考書を購入して一通り読んでみてから、過去問をアプリで解くことをおすすめします。

そのため、FP3級を受けるためにはまずは、参考書選びから始めるのがいいと言えるでしょう。

最短合格を目指すなら「通信講座」がおすすめ!
  • FP試験の最短合格を目指すなら「通信講座」がおすすめ!
  • 通信講座なら全国平均の2倍という圧倒的な合格率を出しているフォーサイトがおすすめ!
  • フォーサイトの通信講座はフルカラーでわかりやすいテキストとスマホアプリなどを用いた学習方法で、全年齢の人からわかりやすいと評判!
  • さらにフォーサイトは日本FP協会の認定教育機関のため、トップクラスの信頼性!
  • 本来FP2級を受験するためにはFP3級の資格取得が必要だけど、フォーサイトのFP講座を受講すれば、いきなり2級の受験が可能!

資格取得 >>公式サイトはこちら<<

今すぐ申し込む!

まとめ:FP3級の勉強時間

FP3級_勉強時間_まとめ

本記事では、「FP3級の勉強時間」を紹介してきました。合格するためには平均、110時間ほどが必要です。

しかし、最短で学びたい場合はテキストを通読した後に、過去問をひたすら解くことで20~40時間でFP3級の資格試験に合格することができます。

そして、過去問を解くためには初めに参考書を一通り読む必要があると言えます。

FP3級勉強時間まとめ
  • FP3級の合格は平均的に30時間から120時間の勉強時間が必要
  • FP3級は国家資格の中では比較的難易度が低く、独学での合格も可能!
  • 独学で勉強したい人は通信講座がおすすめ!
  • 通信講座なら「フォーサイト」や「スタディング」が人気!
  • なかでもフォーサイトのFP試験の通信講座は口コミで人気!

資格取得
>>フォーサイト公式サイトはこちら<<