需要のある資格ランキング!将来役立つ資格はどれ?おすすめを解説!

資格取得を考えているもののどの資格を取得しようか決まっていない…。
将来のために資格取得を考えているけど、どの資格が将来に役立つか分からない…。

上記のように「将来役立つ資格がどれか分からない…」などといった悩みがある方もいるでしょう。

そこで本記事は、需要のある資格をランキング形式で紹介していきます。

ざっくりいうと、、
  • 需要のある資格ランキング 1位:FP(ファイナンシャルプランナー)、 2位:日商簿記、3位:宅建士、4位:中小企業診断士、 5位:税理士、6位:公務員、7位:公認会計士、8位:司法書士、9位:行政書士、10位:応用情報技術者試験
  • FPは、税金や不動産、相続などお金の専門家になるために必要な国家資格
  • 日商簿記は、企業の経営状態や財務状態を適切に管理できることを証明する資格
  • 宅建士は、土地や建物の売買、賃貸物件の斡旋を行っている資格
  • 中小企業診断士は、中小企業のコンサルティングを行う資格
  • 税理士とは、主に税金の申告や納付が必要な方に対する税務や会計業務を行う職業
  • 国家公務員は厚生労働省職員や国会職員など名前通り国の土台作りを仕事とする人
  • 地方公務員は市役所職員や警察官、栄養士など地方自治体で人々の生活のサポートをする職業
  • 公認会計士は、基本的に企業の成績表である財務諸表が適正に作成されているかをチェックする仕事
  • 司法書士は、裁判所や検察庁などの行政機関に提出する書類を作成するために必要な国家資格
  • 行政書士は市役所などの役所に提出する書類作成を行う国家資格
  • 応用情報技術者試験とは、ITに関する高度な専門知識を取得していることの証明にもなる国家資格
記事監修者紹介
研修者とらこ(FP所有)ひな@資格ブロガー@torako_fp
日本ファイナンシャルプランナーズ協会の定めるFP資格を有し、当サイトの記事を監修。 ファイナンシャルプランナーの知識で、当サイトの記事を「正確に・わかりやすい」ものにしている 2021年5月より、本メディアをはじめとするFPをはじめとした資格系サイトの監修を務める。
FP資格のおすすめ通信講座ってどこ?人気講座ランキング3選を徹底比較!

需要のある資格ランキング

世の中に数多くある資格の中でも将来の役に立ちやすい資格とあまり使う機会が少ない資格があるでしょう。

難易度が高い資格を取得するためには、かなりの時間とお金を費やさなければいけないためどうせなら需要のある資格を取得しておきたいと考えている方も多いと思います。

仮に、需要のある資格を取得することで高収入に繋がったり就職活動をする際にアピール材料になることもあるでしょう。

そこで需要のある資格をランキング形式で10個ほど紹介します。

1位:FP(ファイナンシャルプランナー)

FPは、税金や不動産、相続などお金の専門家になるために必要な国家資格です。

FPは、国家資格というものの合格率が3級が80%、2級が40%、1級が20%となっているなど他の国家資格と比較して、容易に取得しやすい資格とも言えるでしょう。

FP資格を取得すると、他人の資金計画を設計できるようになるのです。

例えば、私たちは生きていく上で結婚やマイホームの購入などの転機や大学受験や家族旅行、引っ越しなどで大金を使う機会が多々あります。

そんなときに助けてくれるのがFP資格です。

FP資格は、それぞれの転機を迎えたり目標を叶えるために必要なお金がどれぐらい必要なのかが分かるようになります。

金融関係や保険関係の企業に就職を考えている方は就職活動をする際に役立ちますし、自分の資金計画も設計できるため必ず将来役立つ資格となるでしょう。

このようにお金に関する知識を身に着けたいと考えている方は、FP資格の取得をおすすめします。

FP3級にかかる勉強時間の目安や平均は?最短で学ぶ方法も解説

2位:日商簿記

日商簿記は、企業の経営状態や財務状態を適切に管理できることを証明する資格です。

日商簿記は、年間受講者数が50万人以上であり3級は60%、2級は20%、1級は10%など1級以外はあまり難易度が高くないため取得しやすい資格とも言えるでしょう。

多くの企業が日商簿記の資格取得者を求めているため、就職活動をする際には良いアピール材料となります。

一見、簿記は経理の業務でしか使われないと思いがちですが営業担当や管理担当でも簿記を取得して業務に活かせることは多々あるのです。

例えば、営業担当者であれば自社製品やサービスのコスト計算を行う際に使えますし、管理担当者であればキャッシュフロー計算書など必要な書類作成に簿記の知識が役立ちます。

このように就職活動でウケが良い資格を探している方は、日商簿記がおすすめです。

3位:宅建士

宅建士とは、難易度が高い国家資格として知られており「宅地建物取引士」の略称です。

宅建士の合格率は15%であり毎年20万人が受験する国内最大の国家資格として知られています。

仮に、宅建士の資格を取得すると不動産の売買や賃貸物件の斡旋の詳細な説明ができるようになります。

建築関係や不動産会社、金融関係の企業に就職しようと考えている方は、宅建士の資格を取得していることでより有利に就職活動を行えるためおすすめです。

また、宅建士の資格を取得しているだけで一定水準以上の知識があることの証明になるため独立がしやすくなると言えるでしょう。

このように宅建士は、不動産関係の仕事に就きたい方は取得しておくべき資格です。

4位:中小企業診断士

中小企業士は、その名の通り中小企業の経営コンサルタントを名乗れる資格です。

経営コンサルタントとは企業の経営状態の分析を行い売上を向上させるための解決策を助言・提案できる職業のことで、中小企業診断士は経営コンサルタントの技能を表す唯一の国家資格として知られています。

中小企業診断士の合格率は15%前後と言われており決して簡単に取得できる資格ではありません。

しかし、2014年の総務省の調査によると日本にある企業のうち約99.7%が中小企業のようです。

そのため、今後日本で資格を取得するのならば中小企業診断士は欠かせないと言えるでしょう。

また、中小企業診断士の資格を取得するとビジネスに使える知識を全般的に習得できます。

例えば、経営学やマーケティングはもちろん財務、会計知識などを学べます。

このように今後、日本で仕事の幅を広げていきたいと考えている方は中小企業診断士がおすすめです。

5位:税理士

税理士とは、主に税金の申告や納付が必要な方に対する税務や会計業務を行う職業のことです。

税理士は国家資格の中でも難易度が高い資格として知られており、平均合格率が11%ほどだと言われています。

ただ、難易度が高い分需要が高い職業なので、税理士という職業がなくなることはないでしょう。

また、税理士資格を取得するためには以下の7つの条件を満たす必要があります。

  • 大学、短大、または高等専門学校を卒業した者で、法律学または経済学に属する科目を1科目以上履修している者。
  • 大学3年次以上の学生であり、なおかつ法律学または経済学に属する科目を含む62単位以上を取得している者。
  • 取得年月が2年以上で、なおかつ総授業数が1700時間以上の専門学校を修了した者で、その専門学校で法律学または経済学に属する科目を1科目以上履修している者。
  • 司法試験に合格している者。
  • 旧司法試験法の規定による司法試験の第二次試験または旧司法試験の第二次試験に合格している者。
  • 平成18年度以降に公認会計士試験短答式試験に合格している者。
  • 公認会計士試験短答式試験において全科目を免除されている者。

税理士資格を取得するための条件として7つほど挙げましたが、大学や短大で法学部や経済学部に進学することをおすすめします。

このように税理士は難易度が高いものの需要が高い資格なので取得してみましょう。

6位:公務員

一般的に安定している職業として知られている公務員。

そんな公務員には、国家公務員と地方公務員の二種類に分類されており公務員の種類によってなれる職業が全く異なります。

例えば、国家公務員は厚生労働省職員や国会職員など名前通り国の土台作りを仕事とする人のことを言います。

一方で、地方公務員は市役所職員や警察官、栄養士など地方自治体で人々の生活のサポートをする職業です。

公務員試験は、自分が目指す職業によって難易度が全く異なる試験のため難易度は一概には言えません。

また、地方公務員の場合は働く地方自治体によっても難易度が異なるため、まず自分が受験する公務員試験の種類を選ぶことをおすすめします。

このように安定した将来を送りたい方であれば、公務員は最も取得するといいでしょう。

7位:公認会計士

弁護士・医師に続いて日本の最大国家資格と言われる公認会計士。

弁護士・医師に続く資格ということもあり、平均合格率が10%ほどと取得難易度がかなり高いです。

しかし、公認会計士を取得することで仕事の幅がかなり広くなります。

会計は、企業の職種や規模に問わず必ず必要であるため安定した収入を手に入れられるでしょう。

また、公認会計士の平均年収は1000万以上とも知られているため将来お金持ちになりたいと考えている方は公認会計士の取得をおすすめします。

その上、公認会計士は受験資格が必要なく誰でも受験できるため取得しやすい国家資格と言えるでしょう。

8位:司法書士

司法書士は、裁判所や検察庁などの行政機関に提出する書類を作成するために必要な国家資格です。

そんな司法書士の平均合格率は3%ほどと言われており文系の最難関資格とも言われています。

司法書士は法律を扱う職業のため弁護士と混同されがちですが、司法書士は弁護士と違い書類作成や登記などの業務を行うことができません。

このように法律に関する資格を取得したいと考えている方は、司法書士を取得するのもおすすめです。

9位:行政書士

先ほど紹介した司法書士と名前が似ている行政書士。

実は、行政書士と司法書士はどちらも法律に関する国家資格であることは同じですが業務内容が全く異なります。

司法書士は裁判所など司法に関する業務を行いますが、行政書士は市役所などの役所に提出する書類作成を行います。

そんな行政書士はの平均合格率は10%で難易度がかなり高いものの司法書士の3%と比較したら取得しやすいと言えるでしょう。

司法書士にも言えることですが、行政書士を取得すると憲法や民放などの法律の知識が身に着くので他の法律関係の資格も取得しやすくなります。

このように行政書士は、法律に興味がありその他の法律関係の資格も取得したいと考えている方におすすめです。

10位:応用情報技術者試験

応用情報技術者試験とは、ITに関する高度な専門知識を取得していることの証明にもなる国家資格です。

応用情報技術者試験の平均合格率は20%ですが、記述問題も多々あるため受験する際にはケアレスミスをしないようにしましょう。

応用情報技術者試験を取得すると、IT企業の就職や転職が有利になることはもちろん、企業によっては応用情報技術者試験に合格していれば手当や報奨金が出ることもあります。

また、キャッシュレス決済など日本のIT技術が年々進化しているため、IT関係の知識がある方を企業もより求めるようになっています。

そのため、応用情報技術者試験を取得すれば将来安定した暮らしが送れるでしょう。

今後需要が増えていくおすすめの資格は?

先ほどまで現時点で需要があるおすすめの資格を紹介しましたが、今回は今後需要が増える可能性が高いおすすめの資格を紹介します。

今から紹介する資格を取得しておくことで、皆さんの将来がより豊かになると思うのでぜひ、興味がある資格があれば積極的に資格勉強を始めましょう。

TOEIC

英語の資格で就活や転職時にハイスコアを取得しておくと役立つと言われるTOEIC。

TOEICは、仕事の場や日常生活での会話、文章で英語でやり取りする能力を計るための資格です。

TOEICは、他の資格と異なり合格や不合格といった概念がありません、

その代わりに、TOEICで取れた点数があなたのスコアになります。

ただ、TOEICの試験問題は全て英文で出題されるため基本的な英語が読めるようにしてから受験しなければ、問題を解くこともできないので気をつけましょう。

一般的にハイスコアと呼ばれる点数は、730点以上です。

仮に、TOEICで730点以上取得出来たら就活や転職時に有利になること間違いないので、ハイスコアを撮れるように英語の勉強を始めましょう。

一級建築士

一級建築士とは、どんな建物でも設計できる建築士のことを言います。

一級建築士以外の建築士の場合は設計できる建物の規模と構造に制限がありますが、一級建築士は一切制限がないので将来建築士になりたいと考えている方は、一級建築士を目指すことをおすすめします。

そんな一級建築士になるためには学科試験と製図試験の2つの試験に合格しなければなりません。

一級建築士の合格率は、学科試験が16.1%、製図試験が42.4%です。

そのため、学科試験に合格できるかが一級建築士になれるか決まっていると言っても過言ではないでしょう。

また、一級建築士は先ほど紹介したように設計する建物の規模と構造に一切制限がないので公共施設や商業施設などの大規模な施設の設計に携われることでしょう。

医師・看護師

医療現場がコロナ禍で危機的な人手不足に陥っているという話は皆さんも聞いたことあるでしょう。

コロナ禍以外でも、日本は現在超高齢化社会なため今後高齢者と呼ばれる人々がますます増加していくことで、医師・看護師の需要がより高まっていくと考えられています。

しかし、医師や看護師になるためには当然ですが、大学で医学について学んだ上、国家試験に合格して免許を取得する必要があります。

大学の医学部や看護学部は全体的に偏差値が高い傾向があるため、あまりおすすめできません。

ただ、医師になることができれば年収1000万円を超える可能性があり、より生活が豊かになることでしょう。

また、看護師の平均年収は500万円と医師と比較したら低く感じてしまいますが、より多くの患者と密接に接する職業のためやりがいを感じる職業とも言えます。

このように超高齢化社会の日本において、医師や看護師は需要が今後より高まると言えるでしょう。

資格を上手に自分に活かす方法

先ほどまで現在需要がある資格と今後より需要が高まるであろう資格を紹介しました。

しかし、ただ資格を取得するだけでは意味がありません。

資格勉強をしている際も、資格取得した後の未来を見据えた計画を立てていかなければいけないのです。

そこで今回は、資格を上手に自分に活かす方法について紹介します。

資格取得後にどうなりたいかを事前に決めておく

資格を上手に自分に活かすためには、資格取得後にどうなりたいかを事前に決めておくことが大切でしょう。

なぜなら、自分が将来どのようになりたいか考えた上で取得する資格を選ばなければ、資格を取得するために費やした時間もお金も全て無駄になってしまうからです。

例えば、取得してもあまり使わない資格を取得するよりも需要が高い資格を取得しておいた方が就職をする際や開業する際に有利になります。

ただ、現時点で将来どのような職業に就きたいか決まっていないという人もいるかもしれません。

そのような方には、FP資格の取得をおすすめします。

先ほど紹介したようにFP資格は、お金の専門家の証明にもなる国家資格です。

FP資格を取得すると、今後の人生のためにどれぐらい貯金をしておけばいいか分かります。

また、FP資格の合格率は3級が80%、2級が40%、1級が20%と他の国家資格と比較して難易度が低いです。

仮に、FP関連の職業に就かなかったとしてもお金に関する知識を身に着けておけば、今後の人生がより豊かに過ごせるでしょう。

このように取得する資格を選ぶ際に、資格取得後にどうなりたいか事前に決めておくことが大切です。

空いている時間にコツコツ勉強する

資格を上手に自分に活かす方法として、空いている時間にコツコツ勉強することが挙げられます。

なぜなら、空いている時間を使ってコツコツ勉強することで知識が身に着いてより多くの資格を取得しやすくなるからです。

全ての資格試験は試験日が定まっているため、自分が受験する試験日までしか資格勉強をする時間はありません。

そのため、一分一秒惜しんで空いている時間にもコツコツ勉強することをおすすめします。

また、先ほど紹介した需要のある資格のそれぞれの合格率を見て分かるように難しい資格であれば合格率が10%しかない場合もあるのです。

合格率が10%もない資格は、他の受験者が空いている時間にコツコツ勉強をしたとしても合格できないほど難易度が高い資格とも言えます。

そのため、資格勉強をする際は空いている時間を全て資格勉強に当てるぐらいの覚悟で勉強しましょう。

需要のある資格を取得すれば将来役立つ!

今回は、需要のある資格をランキング形式で紹介しました。

皆さんは、今回紹介した資格の中で取得したいと思った資格はありましたか?

取得したい資格があった人もなかった人も、今回紹介した資格を取得することで間違いなくより豊かな将来が待っています。

今回紹介した需要のある資格を取得して仕事の幅を広げていきましょう!

ざっくりいうと、、
  • 需要のある資格ランキング 1位:FP(ファイナンシャルプランナー)、 2位:日商簿記、3位:宅建士、4位:中小企業診断士、 5位:税理士、6位:公務員、7位:公認会計士、8位:司法書士、9位:行政書士、10位:応用情報技術者試験
  • FPは、税金や不動産、相続などお金の専門家になるために必要な国家資格
  • 日商簿記は、企業の経営状態や財務状態を適切に管理できることを証明する資格
  • 宅建士は、土地や建物の売買、賃貸物件の斡旋を行っている資格
  • 中小企業診断士は、中小企業のコンサルティングを行う資格
  • 税理士とは、主に税金の申告や納付が必要な方に対する税務や会計業務を行う職業
  • 国家公務員は厚生労働省職員や国会職員など名前通り国の土台作りを仕事とする人
  • 地方公務員は市役所職員や警察官、栄養士など地方自治体で人々の生活のサポートをする職業
  • 公認会計士は、基本的に企業の成績表である財務諸表が適正に作成されているかをチェックする仕事
  • 司法書士は、裁判所や検察庁などの行政機関に提出する書類を作成するために必要な国家資格
  • 行政書士は市役所などの役所に提出する書類作成を行う国家資格
  • 応用情報技術者試験とは、ITに関する高度な専門知識を取得していることの証明にもなる国家資格